パソコンの前に座る猫背の子

猫背の6大原因あなたは大丈夫?筋力不足からカラダの歪みまで

猫背の原因

デスクワークなどでの「うつむき姿勢・長時間の前屈み」が多い現代では「猫背」が増加し、多くの人が猫背からくる症状や見た目に悩まされています。「百害あって一利なし」の猫背ですので治したほうが良いのは当然ですが、その原因もよく分からないままに自己流で対策をしても治りません‥。

ここではそんな猫背の原因を6つの視点から解き明かしてあるので、是非あなたの猫背改善の第一歩にして下さい。

1.原因のまえに「猫背とは」

1-1.傾いた積み木

傾いた積み木「背中が丸くなる」のが猫背ですが、必ずセットで「顔と肩」が前に出ている人がほとんどです。さらに頭から骨盤までがひと繋がりなので「土台である骨盤」までが丸くなっています。

そして人間も地球上で生活している以上は重力が掛かるので、自分の体重を支えなければいけません。あなただけ重さを感じないはずはありませんよね?

そこで想像してほしいのが「積み木」です。ジェンガでもダルマ落としでも何でも良いですが、真っすぐの状態ならば勝手に立っています。ところがどこかがズレたり傾いたりすると途端に倒れてしまいますよね。

これは人間でも同じです。骨盤から背骨・頭が「軸」として真っすぐに積まれていれば余計な力を使わなくても支えられますが、軸が丸くなるとそうはいきません。猫背の人は「傾いた積み木」とイメージして下さい。また首が特に前に出ている人は「首猫背」といい、さらに軸が傾いてしまうので心当たりの人は「首猫背とは/その原因と4つの治し方」をどうぞ。

1-2.猫背による悪影響

猫背による頭痛・肩こりそうは言っても人間は倒れないようにバランスを取ったり、筋肉を緊張させる事でカラダを支える事ができます。

しかしこの本来必要のない筋肉への負担が厄介であり、生活のなかで常に負担が掛かるのでカラダに及ぼす悪影響は計り知れず、様々な不調の原因となるのです。

その影響は「筋肉の張り・コリ」だけでなく「神経障害・スポーツ障害・内臓症状・美容」にまで及びます。詳しくは「猫背からくる5つの症状/首肩腰から内臓やスポーツ障害まで」をどうぞ。

2.猫背の原因

2-1.筋肉の硬さ

(1)首の筋肉

「胸鎖乳突筋」と「斜角筋」という筋肉が「首の前側」にあります。この2つの筋肉が硬くなり縮んでいると顔が前に引っ張られます。つまり首の前側の硬さは猫背の原因になるという事です。

(2)胸の筋肉

胸の表面には「大胸筋」があり、その奥に「小胸筋」という筋肉があり、この2つは胸から肩・腕へと繋がっています。これらが硬くなり縮むと「肩や腕が前に引っ張られる」ので、それにつられて背中が丸くなります。つまり胸の筋肉の硬さも猫背の原因となり得ます。

(3)腹筋群の硬さ

お腹の一番表面には「腹直筋」その奥に「外腹斜筋」「内腹斜筋」「腹横筋」と4層に筋肉があり、コルセットのようにお腹周りを取り囲んでいます。

首・胸の筋肉でも説明しましたが「身体の前側」の筋肉が縮むと背中が丸くなる原因となります。つまりこの腹筋群の硬さも猫背の原因となるのです。

(4)横隔膜の硬さ

横隔膜は身体の中にあって「肺と内臓を仕切る」ように張っている膜状の筋肉ですが、これは呼吸の際メインに働く筋肉なので浅い呼吸を繰り返していると硬く縮みます。「身体の中で筋肉が縮こまっている」と背中が丸くなるのがイメージできるのではないでしょうか。つまりこれも猫背の原因となります。

2-2.関節の硬さ

背中の骨格大きく言うと「背骨の硬さ」です。本来は緩やかなS字カーブを描きながらも「骨盤から真上に向かって」積み重なるべき背骨ですが、これがC字に丸くなったまま固まっている事が猫背の原因です。

背骨といっても正確には「頸椎・胸椎・腰椎」という骨の積み重ねで、その一つ一つの隙間が小さな関節を構成しています。さらにそこから肋骨とも連結しているので、まさに立体で骨組みがあるという事です。

猫背の人はこの骨組みが「腰から丸く」なり、全体で固まり動きが悪くなっています。

2-3.体幹の弱さ

体幹は寸胴のよう体幹とはまさに「体の幹」です。お腹側には先ほど説明した「腹横筋」があり、背中側には「多裂筋」が背骨に付着し、2つで胴体をグルリと囲むコルセットを形成しています。

そのコルセットの底を「骨盤底筋」が支え、コルセットの天井には「横隔膜」が蓋をしていて、この4つの筋肉は「インナーユニット」と呼ばれ、寸胴のような形で体幹を支えているのです。

そしてこれらの筋肉が弱くなるのは「体の幹が潰れる」のと同じことです。体幹が働かないのでお腹がポッコリと出て、背中が丸くなり、猫背の原因になります。

2-4.浅い呼吸

腹式呼吸デスクワークなどで前屈みになり「長時間同じ姿勢」でいる事の多い現代人の多くは、「胸式呼吸」になっています。胸式呼吸では横隔膜があまり動かないので、首・肩・胸の筋肉で胸郭を持ち上げて呼吸を補います。

ということは横隔膜をはじめとする体幹のインナーユニットに動きが無くなり硬くなります。そして硬くなって働きが悪くなった体幹筋は弱くなっていきます。

また首・肩・胸の筋肉は本来の働きとは別に一日中呼吸に頑張らなければならないので、疲れて硬くなり縮みます。ここで最初に説明した「筋肉の硬さ」にも繋がりましたね。

呼吸について詳しく知りたい人は「腹式呼吸のやり方3ステップと効果的な方法」をご覧ください。

2-5.カラダの歪み

歪んだ女性のイラストカラダの歪みも猫背の大きな原因の一つです。ここまでの解説で、身体とは「大きく複雑な積み木」だと理解してもらえたはずですが、骨盤をはじめ骨格に歪みがあるときちんと積み重なりませんよね。

この歪みがあると、いくら体幹を鍛えても前側の筋肉を緩めても身体をきちんと支えられないので、結局猫背に戻ってしまうケースが多いでしょう。

そして歪みは猫背を呼び、猫背は歪みを増長します。このように「歪みと猫背は大親友」なので、その結果別の記事で紹介したように様々な症状が現れるのです。

2-6.普段の姿勢

猫背の原因デスクワークこれはもう説明する必要もないかもしれませんが、普段の姿勢が悪い人は猫背になりますよね。勉強中や仕事中の姿勢が悪いのはもちろんですが、スマホや読書などでうつむき姿勢が多い人も気付かないうちに猫背が進行します。

また足を組んで座る・どちらかの足に重心を乗せて立つ・いつも同じ肩にカバンを掛ける・片肘付いて運転する等に心当たりのある人はカラダの歪みに繋がるので、猫背が年々進行するおそれがあります。

3.猫背の原因を治すには

猫背が治って喜ぶ女性ストレッチ・姿勢の意識・整体で歪みを取る・ベルトなど色々な方法が世にあふれていますが、効果のあるものから意味のないものまでピンキリです。「猫背を治す3つの方法/高改善率の秘密こっそり教えます」におすすめの改善方法をそれぞれのカテゴリーに分けて紹介してあるので参考にしてみて下さいね。

まずは「猫背改善ストレッチ/驚くほど効果的な4つの方法」から取り組むのが良いかもしれませんね。また早く猫背を改善したい人や根深い猫背を治すにはプロの目と手が必要ですので、そんな人は「猫背は整体で治る!プロが教える6つの選び方」をご覧ください。

もしお子さんが猫背に悩んでいるならば「子供の猫背矯正/その症状と効果的な4つの方法」をどうぞ。

※当記事は私見であり医学的根拠を保証するものではありませんので、情報活用は自己責任にてお願い致します。

関連記事

  1. 猫背矯正椅子
  2. 猫背が治って喜ぶ女性
  3. 猫背の男性
  4. 猫背を治す方法を知った人
  5. 改善すべき猫背
  6. 猫背の子供
PAGE TOP