自律神経失調症の自力での治し方

自律神経失調症の治し方/自力でできる12の方法と整体

自律神経失調症 自力での治し方

自律神経失調症になってしまうと「めまい・動悸・睡眠障害」をはじめ様々な症状が身体を襲います。それでも周りからは「サボり癖」と思われてしまう事もあり、「このままずっと不調が続くんだろうか‥」と悩む人も多いでしょう。

しかし多くの自律神経失調症は改善していくので諦めないで下さいね。

まずは自律神経失調症の「原因」を知り、そして「正しい治し方」を行えば身体は変わっていきます。すでに自分で対策をしているのに治らない場合はそれが間違っている、もしくは「自分の中に原因を飼っている」可能性があるので、外からの改善では追い付かないのかもしれません。ぜひこの記事のに記してある治し方を参考にしてみて下さい。

1.自律神経失調症/治し方の前に「原因」を知ろう

1-1.自律神経とは

原因を説明「自律神経失調症」とは呼んで字のごとく「自律神経」が「調子を失う」ことです。簡単に言えば自律神経が上手く働かないために不調を来たすものという事ですね。

そもそもこの自律神経とは「呼吸・消化・代謝・血液循環・体温調節」などのカラダの機能を調節してくれています。私たちは「腕を曲げよう・走ろう」というふうに身体を動かす事は意識的にできますが、「消化を早めよう・血液をもっと流そう」などとは意識してもできないですよね。

この意識してもできない事、つまり生きるために必要な「健康を維持する機能」を調節しているのが「自律神経」なのです。

1-2.自律神経失調症の特徴

牽引自律神経は「交感神経」と「副交感神経」という2つに分かれ、この2つが正反対の役割をする事でバランスよく健康が保たれるのです。

「アクセル」と「ブレーキ」とイメージすると分かりやすいかもしれませんね。

あなたも緊迫した場面では心拍数が増え、血圧が上がり、呼吸も増えているはずですが、これは「交感神経」の働きによってカラダを闘えるように準備している訳です。「興奮」や「覚醒」と置き換えてもけっこうですが、この状態はエネルギーの消費や疲れも激しくなります。

反対にリラックスしている時は心拍や呼吸も落ち着き、「食欲・消化吸収・睡眠」など「カラダを回復」させる機能が強く働きます。

このようにエネルギーを使ったあとは回復させることで健康な状態を維持しているのです。しかし何らかの原因でこの自律神経が乱れてしまうとオフの時間でも興奮が続くので、「なんだかいつも疲れが取れないなぁ‥」となってしまうのです。

その結果エネルギー切れを起こした身体の各機関が悲鳴をあげてしまい、様々な不調が現れてきます。これが自律神経失調症へと繋がるという訳ですね。

1-3.その原因は

頭痛・めまいを感じる人自律神経が乱れる原因は大きく分けて以下の4つです。

  1. 生活リズムの乱れ
  2. ストレス
  3. 性格
  4. ホルモンバランス

この中でも特に重要なのが「生活リズムの乱れ」と「ストレス」と考えています。

現代では夜型生活が多く、また睡眠不足も多いですよね。自律神経は体内リズムと連動してON-OFF目盛りを調節するので、「生活の乱れ」は自律神経がパニックを起こす元です。

そして一番厄介なのは「ストレス」であり、職場や人間関係・金銭面などの分かりやすいストレスに加え、「姿勢不良・歪み」による隠れストレスがあります。原因について詳しくは「自律神経失調症とは4つの原因と解消法」に記してありますが、姿勢不良や歪みがあると常に筋肉が緊張する(わずかに力が入る)ので、カラダは「疲労・コリ・循環不良」といったストレスをずっと感じています。

性格はなかなか変える事が難しく、ホルモンも自分ではどうしようもありませんが、この生活リズムの乱れとストレスを改善していけば自律神経失症の多くは楽になっていくはずです。

2.自律神経失調症/自力での治し方

2-1.自力でできる治し方「自律神経を整える」

呼吸する人多くの自律神経失調症の原因には生活習慣やストレスに大きく影響すると理解されたはずです。

もちろん特効薬はありませんが、その原因を取り除く・もしくは正せば自律神経が整います。それに合わせて自律神経失調症も治っていく事が多いのです。

「自律神経を整える体質改善のための12の方法」にそれぞれ簡単に説明してありますが、どれも難しい事ではありません。しかし今までの生活習慣を変えたり、良い事を毎日意識するのは面倒くさい事です。それでも様々な不調があってこの記事に辿り着いたのでしょうから、ぜひこれを「 自力での治し方」の参考にして体調改善してくださいね。

2-2.自力で治らない場合の治し方「歪みを整える」

骨格のズレ

メディカルイラスト図鑑参照

ここでいう歪みとは「骨格のズレ」だけでなく「姿勢不良」や「筋肉のアンバランス」「重心の位置異常」などを総合した「カラダの歪み」です。

これはもう自力ではどうしようもないので、信頼できるプロを探して任せるしかありません。

当整体にも「自力で自律神経を整えようと色々やるけど体調が変わらない」という人が来られますが、施術を受けてもらうと次の日から明らかに体調が変わったというケースが多いんです。もちろん重症度にもよるので、良くなるのが緩やかな場合も沢山ありますが。

歪みを抱えている人は「原因をカラダの中に飼っている」ようなものです‥。それでは常にストレスを感じるので、いくら生活を整えても良くならないのは仕方ありませんよね。

とは言え治療院があふれている昨今では、信頼のできる整体を見つけるのは簡単ではありません。特にバキバキ矯正やゴリゴリマッサージでは身体に攻撃を受けているのと同じようなもので、逆に悪化するおそれもあります。

それでもホームページを見ればどんな理論・施術なのかが大まかに分かる時代です。時間は掛かるかもしれませんが、先ほど挙げたような「カラダの歪み」を正しく導いてくれる人をぜひ見つけてくださいね。

3.「自律神経失調症/自力での治し方」まとめ

自律神経を整えて喜ぶ女性整体など行った事のない人からすると初めて行くのは「ハードルが高い」と感じる人もいるでしょう。またあまり技術のない治療院に行って「全然良くならなかった」という人もいるでしょう。

そんな場合はまず先にご紹介した「自力でできる治し方」の記事を読んで実行してみて下さい。12項目ありますが突然全てを変えるのは疲れてしまうので、少しずつ変えていけば大丈夫です。それだけでも自律神経失調症が治っていく人は沢山います。

ただししばらく続けてみてそれでも変化がない場合や、そもそも自分ではあまり頑張れないという人は、しっかりと信頼できるプロを見つけて一緒に改善していって下さいね。

これを読んだことであなたの「意識と行動」が変わり、体調の心配をする事のない毎日を送れるように願っております。

※当記事は私見であり、医学的効果を保証するものではありません。情報の活用は自己責任にてお願い致します。

関連記事

  1. 自律神経を整える香り
  2. 入浴の効果
  3. タバコと自律神経
  4. 呼吸を整える男性
  5. 朝の日光
  6. 音楽の自律神経効果
PAGE TOP