顎関節症が自然治癒

顎関節症の自然治癒/その期間やダメな場合とは

顎関節症 自然治癒

「音が鳴る・アゴが痛い・口が開かない」と様々な症状を引き起こす顎関節症ですが、何とか自然治癒で治らないだろうかと考えるのは人の心情ですよね。

そこで本稿では「顎関節症は自然治癒するのか?」から「その期間」また「自然治癒しない場合の危険」まで解説し、最後には改善方法までご紹介。これであなたの悩みも解消されるはずですよ。

1.顎関節症は自然治癒するの?

1-1.顎関節症の原因

顎関節症の原因顎関節症は5つに分類されていて【筋肉・関節包・関節円板・骨・精神的】この内のどれか、もしくは複合して障害されることで顎関節に不具合が出てしまうものです。詳しくは「顎関節症の根本原因と5つの分類」をどうぞ。

そしてこれらの障害を引き起す原因として

  1. 噛み合わせの悪さ
  2. 外傷(ぶつける等)
  3. 変形性顎関節症
  4. ストレス

があると言われています。

ただし自然治癒はおろか、歯科で噛み合わせ治療後や、また病院で異常がなくても顎関節症が治らない人が沢山いて、そんな場合には【歪み】が深く関係していると当整体では考えています。

1-2.自然治癒とは

元々人間の身体には「傷ついた細胞や疲れた組織」を「修復する機能」が備わっています。

普通に生活しているだけでも色んな所に負担が掛かり、顎関節にも食事や会話で負担が掛かりますが、この自己修復力によって回復するので本来問題は生じません。こうして「自分で修復できること」を自然治癒と言います。

自然治癒=【負担<回復力】というイメージですね。

しかし上記の原因によって負担が増えると【負担>回復力】になるので、傷んだ組織が自然治癒できないまま少しずつ「傷の上塗り」になって顎関節症を引き起こします。

1-3.自然治癒までの期間

自律神経を整えるたまたま硬い物を噛んだり少しぶつけた程度で生じた顎関節症ならば2~3日で自然治癒することもあるでしょう。しかしその間に「かばって反対で噛む」などの行為で「歪み」が生じてしまうとそのまま治らないこともあります。

また何年と顎関節症に苦しんだ人がいつの間にか自然治癒していたという話もありますよね。

つまり顎関節症を引き起こした原因も人それぞれ違えば、障害された組織もそれぞれ違うので、自然治癒する期間も千差万別。目安は無いと言えるでしょう。

ただ一つ言えるのは何日も何週間も顎関節症に悩んでいるならば、自然治癒を待つよりもきちんと治療したほうが安心だという事ですね。

1-4.自然治癒するのは全体の1/3

顎関節症の内およそ1/3が自然治癒するという説や、二年以内の自然治癒率は70%以上という説もありますが、その数字の信憑性は定かではではありません。

ただこの1/3や70%を多いと取るか少ないと取るかはあなた次第ですが「自然治癒する人も一定数いれば、しない人も一定数いる」という事は間違いありません。

そして自然治癒を期待して顎関節症を何カ月何年と放っておくと、その間も「原因・負担」は掛かり続けるので悪化してしまうおそれもあります‥。

2.顎関節症は自然治癒した後に「再発」も‥

自然治癒する顎関節症も一定数ありますが、気を付けるべきはやはり「原因が改善されていない場合」です。

顔・頭蓋骨の歪み身体の機能・修復力にも波があるので、良い時には自然治癒する事もあるでしょう。しかし顎関節症を引き起こした原因が「たまたま」ではなく「生活習慣・癖・噛み合わせ」などによって染み付いた【歪み】であった場合には、その時は自然治癒したとしても同じような負担が掛かり続けているという事です‥。

そして治ったりまた発症したりを繰り返しているうちにも顎関節周辺の組織に負担が掛かり続け、そのうちに「関節内のクッション・靭帯・骨」などが変形したり損傷する事があります。すると自然治癒しない顎関節症や酷い顎関節症になってしまう場合もあるのです‥。

3.顎関節症「自然治癒」と「根本改善」

原因を説明何度も言うように「たまたま」顎関節症になった場合は自然治癒で治ればもう心配はいらないでしょう。

しかし「硬い物を噛んだ・顎をぶつけた」などの心当たりも無いのに顎関節症になった人や、長い時間掛かっても自然治癒しない人は、やはり【関節内の異常】や【歪み】が進行しているケースが多く、ちきんと原因から根本改善した方が安心ですね。

顎関節症で悩んでいる人は自然治癒を待つだけでなく然るべき医療機関を受診し、それでも良くならなければ整体院などで歪みを整えてみてはいかがでしょう。

こうして根本改善しておけば自然治癒よりも早期に良くなるのはもちろん、「変な癖」や「更なる歪み」が染み付く前に対処できるという事も利点ですね。

4.自然治癒しない人へ「顎関節症の改善方法」

4-1.歯科・病院

病院自然治癒を待つだけでなく、何と言ってもまずは歯科や病院などの医療機関で診てもらうのが一番安心です。

ひどい場合にはMRI検査などで関節内も診てもらえるでしょうし、また顎関節症以外にアゴに異常を来たす疾患が見つかる場合もあるでしょう。噛み合わせが原因の顎関節症もあるでしょう。

自己判断で顎関節症だと決めつけ自然治癒を待つのではなく、一度しっかりと検査・治療してもらう事をおすすめします。

4-2.セルフマッサージ

セルフマッサージ筋肉の問題から顎関節症が生じている場合もあり、そんな人にはセルフマッサージも有効になってきます。

自然治癒を待つだけよりも「顎関節症へのセルフマッサージ/効果的な4つの方法」を参考にして問題の筋肉を緩めることで楽になる顎関節症もあるはずですよ。

4-3.整体

顎関節症にマッサージ噛み合わせ治療をしたり病院で異常なしと言われても治らない顎関節症が沢山ありますが、そんな場合には何度か話にでてきた「歪み」が関係していると考えられます。

そしてこの歪みが根深い場合、自然治癒はなかなか期待できません。

そこで頼りになるのが整体院です。整体で驚くほど改善する顎関節症もあるので、悩んでいる人は自然治癒を待つのではなく頼ってみてはいかがでしょうか。

とはいえ整体院によってその技術力の差が激しいので「顎関節症に整体/その効果や7つの選び方」を参考にすることで信頼できる整体を見つけて下さいね。

※本稿は私見であり医学的根拠を保証するではではありませんので、情報活用は自己責任にてお願い致します。

関連記事

  1. 顎関節症の原因
  2. 顎関節症に原因は噛み合わせ
  3. 顎関節症にマッサージ
  4. マウスピース
  5. 顎関節症の原因が治った女性
  6. 顎関節症への整体効果
PAGE TOP